ご利用方法

主な機能

本サービスでご利用頂ける主な機能は次の通りです。
1.ファイルの閲覧・ダウンロード
2.ファイルのアップロード
3.ファイルやフォルダの管理

ファイルの閲覧・ダウンロード

ファイルの閲覧・ダウンロードは、閲覧したいファイルがあるフォルダから対象ファイルのファイル名をクリックすることで行うことができます。
ファイル名をクリックすることで、画面が閲覧ページへ遷移、またはファイルのダウンロードが開始されます。
現在開いているフォルダの階層情報は一覧表の左上部より確認できます。
 

ファイルのアップロード

ファイルのアップロードは一覧表の上の「ファイルをアップロード」から行うことができます。
枠内「+」ボタンをクリックすると、ファイルアップロードに必要な機能が出現します。
 

 
ファイルのアップロード先をフォームより選択した後、「ファイルを選択」よりアップロードしたいファイルを選択して下さい(複数選択も可)。「アップロード」ボタンをクリックして対象ファイルを選択した場所へアップロードすることができます。
 

ファイルやフォルダの管理

本サービスでは、全てのユーザーがファイルやフォルダの管理(新規作成・移動・コピー・アーカイブなど)を行うことができます。各大学で使いやすいようにフォルダ構造等をアレンジして下さい。

・新規フォルダ作成
新規フォルダを作成は、フォルダを作成したい階層で一覧表最上行の「+新規追加」のボタンをクリックし、その時出現した右枠内にフォルダ名を入力することで行うことができます。
 

 

・アーカイブ/名前の変更
アーカイブとは、不要なファイルや誤ってアップロードされたファイルを、クラウド最上層に予め用意された「アーカイブ」フォルダに移動する処理です。
アーカイブしたいファイルの最右枠の「アーカイブ」を選択することでアーカイブ処理を実行します。
アーカイブされたファイルは元のフォルダから削除されますが、クラウド最上層の「アーカイブ」フォルダに保管されますので、誤ってアーカイブ処理を行ってしまった場合等も復元が可能です(下記参照)。
 

 

・アーカイブされたファイルの復元
アーカイブされたファイルは、クラウド最上層「アーカイブ」フォルダに保管されますが,これらは任意の位置に復元することが可能です。
「アーカイブ」フォルダを開いた状態で一覧表下部の領域から復元に関する処理を行います。復元したいファイルの最右枠「選択/解除」をクリックすることで、対象ファイルを選択(解除)状態にすることができます。複数ファイルを選択状態にすることも可能で、選択状態のファイルには色が着きます。「復元先を選択」のフォームから復元先のフォルダを決定した後に「適用」ボタンをクリックすることで対象ファイルの復元が完了します。
 

 

・ファイルの一括操作(コピー/移動/アーカイブ)
「アーカイブ」以外のフォルダでは、一覧表下部の領域からファイルの一括操作機能が使用できます。一括操作機能では、複数ファイルのコピー/移動/アーカイブが可能です。
「操作を選択」から「コピー/移動/アーカイブ」のいずれかを選択して下さい。
コピー/移動の処理は、対象ファイルを選択状態にし(対象ファイルの行の空白部をクリック)、復元と同様の手順でファイルをコピー/移動する階層を選択した上で「適用」ボタンをクリックすると実行されます。
アーカイブは、対象ファイルを選択状態にし「適用」ボタンをクリックすることで行われ、対象ファイルがクラウド最上層「アーカイブ」フォルダに移動されます。
 

 

・削除/名前の変更が不可能なフォルダ
デフォルトでクラウド最上層の「1年」「2年」...などの各学年のフォルダと「アーカイブ」フォルダは名前の変更および削除が不可能に設定しています。
これらのフォルダ構造は変更不可能としていますので、これらより下の階層にフォルダ構造をアレンジするなどして利用して下さい。

・フォルダの削除
本サービスでは容易にフォルダの削除が行えないように設定しています。重要なファイルが多数入ったフォルダが一度の誤操作等で失われることを防ぐ目的です。
フォルダの削除が行える条件は、「フォルダ内にファイルが一切保存されていない」ことです。つまり、空のフォルダに対しては削除処理を行うことができます。誤って作成した等の不要なフォルダは、ファイル移動やアーカイブによって対象のフォルダ内を空にした上で削除を行うことが可能です。